思考するサカナ

ITコンサルタントの垂流し日記。

2016年1月、中小企業診断士試験に合格しました。
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

【コンサル業界に興味のある人向け】「正直、給料ってどうよ?」【PAKUさんの知的根性論#4】

0

    金(チカラ)がほしいか?

    どうも、PAKUです。

    今回も引き続き、「コンサル業界に興味がある人」に向けた記事です。

    #2で書いたとおり、私がよく聞かれることとして

    1)「どうやってファームに入ったの?」

    2)「給料は良いの?」

    3)「超忙しいんでしょ?いつも何時くらいまで働いてるの?」

    だいたいこんなところが挙げられます。

    で、2)、3)が今回のお題でございます。

    取り合えず2)、3)に関して、

    「実際はどんなもんじゃろ?」ってところだと思うんですが。

    …答えてみましょうか。

    Q「給料はいいの?」

    A「職位にもよるけど、総じてイイよ!

     でも時給に直すとゴニョゴニョゴニョ

    ひとまず2)に答えたつもりが、3)への答えにもなっちゃってますね(汗)

    まあ役職にもよるんですけども参考までに。

    http://heikinnenshu.jp/tokushu/keieicon.html

    初任給から400ってたぶん結構高いと思うんですよね。

    もっと上のクラスなら尚更ね。

    ただまあ、前回も書いたとおり。

    忙しいときは

    「終電?何それ美味しいの?」

    状態になるこの業界。

    「働いた時間に比した給与」、

    とか

    「わりかしきつめの難易度やら

     プレッシャーやら掛かる労働環境に比した給与」、

    という話になるとどうなんでしょうね?

    はっきり言って、

    この給与って超安いんじゃないかと思うんですよねえ。

    スキルアップもキャリア形成も方針が不明瞭で、

    そのくせカラダやココロはボロボロになりがちな、

    笑顔(但し苦笑い)の絶えない

    とっても素敵な業界ですヨっと。

    ま、結論は前回と同じです。

    「それでもなお、そういう営みが好きって言えるか?」

    これ。ほんとこれ。

    結局、ついてけなくて辞めちゃう人もそれなりにいますよ。

    でもそれって別に、「負け」とかそういう話じゃなくてね。

    向き、不向きの話なんだと思うんですよねぇ。

    (余談ですが私は、

     人生に「勝ち負け」とか無いと思ってますし、

     軽々にそんなこと言えちゃう人は、

     オツムが残念なんだと思っています。

     …この話は長くなるのでまたいずれ。)

    だって、チャレンジしないとわかんないじゃないですか。

    向き不向きなんて。

    それでチャレンジしないでマゴマゴしてるのって、

    なんかMOTTAINAIですよ。ほんとに。

    コレも繰り返しですけど、

    自分はこの業界に入ってよかったと思ってます。

    その意味で、チャレンジするのを

    ワリとおすすめいたします。

    コンサル業界の分類とか、人生の勝ち負けの話とか、

    話しかけのネタが幾つか出てきちゃいましたね。

    まあ、次に何を書くかは再来週までに考えておきます。

    ではまた。

    ******************************************************

    ↓ポチっと応援クリック(マークをクリック)をお願いします。

    PAKU★の更新の励みになっています。

    にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
    にほんブログ村 士業ブログへ
    にほんブログ村

    ******************************************************

    中小企業診断士 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

    【コンサル業界に興味のある人向け】「どうやってファームに入ったの?」(最終章)【PAKUさんの知的根性論#3】

    0

      もーえろよもえろーよー

       

      ぷろじぇくとよもーえーろー

       

       

      気がつけば死屍累々。

      そんな生き馬の目を抜くようなコンサル業界で今日も生き延びました。

      PAKUでございます。

       

      すいません一回飛ばしましたがちゃんと書きますよ書きますってば…

       

       

      さて、コンサルの入社面接でしっかり見られるのは

      a)この人、どんな経験を持っているのかなあ?

      b)この人、地頭は良いのかなあ?(論理的な思考ができる人かなあ?)

      c)この人、ストレス耐性とか体力はあるかなあ?

      の3つなんだぜ、な話の続きです。

       

      さて、実を言うと、「経験」よりも「地頭」よりも

      一番気にされるのは「体力・ストレス耐性」のような気がしています。

       

      なんせ、みんな口をそろえて言いますからね、「体力が一番大事!」って(笑)

       

       

      まあ「ブラック企業だ」の「社畜」だの

      「ウツ」だの何だの言われるようになって久しいですし、

      業界としても色々手は打ってるみたいですけどね。

      だいたい、近頃のワカイモンに

      「そんなとこ行きたくねーよヴァーカ!」

      なんて言われちゃったらそれこそ業界はオチマイです。

       

      なんせコンサル業界ほど「人依存」な業界ってないですからね。

       

      なので、ファームによりますけど、

      深夜勤務させないとか、残業代はちゃんと出すとか、

      そういうケアも総体的にはするようになってきてるみたいです。

       

      みたいです、、、たぶん、、、たしか。。。

       

      でもね。でもね。

       

       

       

      やっぱりありますよ。つらいとき。

       

      毎日終電とかね。無茶振りとか日常茶飯事ですことよ。

       

      「ああ、今日も終電。」

      「いっそタクシー乗ってくか」

      「会社に泊まろうかな…」

      「そうか!寝なければいいんだ!」(妙案)

       

      こんな精神状態になってもしれっと働く人が生き延びてます。

      割りと露骨にそんな業界です。

       

       

      でも、それなりに頭のいい人たちが、

      それでも劣悪な環境で働いているのはなぜか?

       

      やっぱりたのしいからなんだと思いますね。

       

      とことん頭を使うのが好きとか。

      お客さんとワイワイやるのが好きとか。

      夜中まで上司と喧々囂々するのが好きとか。

       

      とにかくこの業界の、そういった一切合財がすき。

       

      だからやめない。私も。たぶん。たぶん。

       

       

      途中から話がそれちゃいましたけど(汗)

       

      まあ、

      「そんな業界なんだけど、このひとは長くやってけそうかなあ?」

      結局のところ、その点を面接官はしっかり見ているといえるでしょう。

       

       

      これ、ぜんぜん参考になんない気がするね(笑)

       

      でも「オレとことん考えるの好きだぜ!」とか思ってる人は

      とりあえず入社面接を受けてみると良いと思いますよ。

       

      私は、この業界に入ってよかったと思ってますんで。

      長くなっちゃいましたね。今日はここまで。

       

      次はこんどこそ、再来週あたりに。

       

      ではまた。

       

      ******************************************************

      ↓ポチっと応援クリック(マークをクリック)をお願いします。

      PAKU★の更新の励みになっています。

      にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
      にほんブログ村 士業ブログへ
      にほんブログ村

      ******************************************************

      中小企業診断士 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

      【コンサル業界に興味のある人向け】「どうやってファームに入ったの?」(序章)【PAKUさんの知的根性論#2】

      0

        涙とともに、夜明けとともに、

        カップ麺を食べたこと、ありますか?

         

         

        どうも、PAKUです。

         

        今回は、「コンサル業界に興味がある人」に向けた記事です。

         

        というのも、やっぱり特殊な業界ですし、

        絶対数も少ないみたいなので、

        けっこう憧れる方も多いみたいなんですよね。

         

        とりあえずレベルですけど、

        しばらくは、コンサル業界の中にいる人間の視点で、

        業界の概観というか、ソレに対する私の所感というか、

        まあとにかくそんなことをつらつら書いていこうと思ったしだい。

         

         

        で、ですね。

         

        私がコンサル業界の人間だということを話すと、

        大抵の人は、

        1)「どうやってファームに入ったの?」

        2)「給料は良いの?」

        3)「超忙しいんでしょ?いつも何時くらいまで働いてるの?」

        みたいなことを矢継ぎ早に訊いたりします。

         

        こんな疑問に一つ一つ答えてみようっていうのが今回の記事の趣旨でありんす。

         

        まあ、実際、大きなコンサルファームに対するイメージというのは、

        ・入るのが超難しい

        ・給料が高い

        ・でも激務

        ってのが相場のようです。

         

         

        で、、実際はどんなもんじゃろ?ってところだと思うんですが。

        とりあえず最初の質問に答えてみましょうか。

         

        Q「どうやってファームに入ったの?」

         

         

        A「普通に面接うけて入りましたよ。」

         

         

         

        …1行で終わってしまいましたね(滝汗)

         

         

        コレだと身もふたもなさすぎるので、

        PAKUがコンサルファームを受験したときに、

        「面接官が、何を基準としていると感じたか?」

        みたいな視点でお話しときましょうか。

         

        コンサル業界の採用といえば、

        ケース問題ってのが定着してるみたいですが。

         

        少なくとも業務とかITコンサルにおいては、

        ケース問題はあんまり訊かれません。

        (戦略コンサルだとゴリゴリ訊かれるみたいですけどね…。)

         

        まあコンサルにも色々あるんですよ。色々しかないと言うべきか…。

         

        …あ、そうか。

        そういえばコンサル業界の分類について話さないといけない気がしますね。

        とはいえ、趣旨と外れるので、そのへんはおいおい話しましょうかね。。

         

        とにかく、ケース問題が訊かれるのは(PAKUの実感としては)少数派だということです。

        少なくとも中途採用においては、ですが。

         

         

        それよりしっかり見られるのは、

        a)この人、どんな経験を持っているのかなあ?

        b)この人、地頭は良いのかなあ?(論理的な思考ができる人かなあ?)

        c)この人、ストレス耐性とか体力はあるかなあ?

        たぶんこんなとこですね。

         

        っていうか後者のほうがおそらく重視されてます(汗)

         

         

        a)の経験は当然として、

        b)論理性の方は現場で嫌でも身につきます。

         

        ただ、いかんせんストレス耐性と体力ばっかりは、

        ある程度自前のモンがないとついてけませんので…。

         

         

         

        ちょっと長くなってきたので、このへんで切りたいと思います。

        次回はこの話の詳細を。。。

         

        ではまた。

         

        ******************************************************

        ↓ポチっと応援クリック(マークをクリック)をお願いします。

        PAKU★の更新の励みになっています。

        にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
        にほんブログ村 士業ブログへ
        にほんブログ村

        ******************************************************

        中小企業診断士 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)