思考するサカナ

ITコンサルタントの垂流し日記。

2016年1月、中小企業診断士試験に合格しました。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

情報セキュリティスペシャリスト合格しました(ついでに「情報処理安全確保支援士」になれる権利もゲットしました)

0

    12/16(金)に

    情報セキュリティスペシャリスト(通称セキュスペ)の

    合格発表がありまして、

     

     

    なんと受かってしまいました。

     

     

     

    正直な感想↓

     

    「どういうことなの…?(困惑)」

     

     

    診断士に受かった時は全身全霊で勉強していたので、

    びっくりじゃなくて、只々嬉しかったんですが。

     

    今回のセキュスペは…ええと…正直あんまり勉強していませんで。

     

    実際、点数もそんなに高くないので、

    こんな奴がセキュリティのスペシャリスト名乗っちゃって良いのか?

    …てな感じでむしろ困惑してるんですが。

     

    (だいたい「スペシャリスト」なのに"6割で良い"ってのが緩いよね)

     

     

    一応やったことを書いておきますと、

    ・午前1は免除

    ・午前2はiPhoneのフリーソフト「情報セキュリティスペシャリスト 過去問」をポチって、

    8年分くらいの過去問解答をまる覚え(※本番では過去問がホントにそのまま出たりする)

    ・午後1&2は「情報処理教科書」と「ポケットスタディ」をザーッと読む

     

    これだけ。ホントにこれだけ。

     

    …俺、午後の過去問、全然解いてないじゃん(滝汗)

     

     

    勉強時間の確保もあんまり意識してなかったんだよなあ。

     

    前提として、今年の6〜9月はお仕事で福岡に出張しまくってたので、

    地元⇔福岡を毎週飛行機で移動する日々でした。

     

    で、

     

    飛行機の中はネットも繋がらんし、暇で暇でしょうがない

    「せや、(たまたま申し込んでいた)セキュスペの勉強でもしたろ!」
     

    こんな感じでポチポチ勉強してましたとさ…

     

     

    いや。でも。うん。

     

    飛行機移動の時以外で勉強した記憶が無いんですがそれは…(汗)

     

    ってことは、ザックリ計算でも100時間も行ってないね。勉強時間。

     

    まぁ、一応IT畑の人間ですし、仕事で知識は蓄えてるからね。

    実質的な勉強時間ってもっと多いのかもしんないけども…

     

    いや、それでもさあ、良いのか俺受かっちゃって。

    おいおいマジで不安になってきたぞう。

     

    なんかあったら、IPAさんは責任とってくれるんでしょうか?(取るわけ無いじゃん)

     

     

    〜一応こっから試験の振り返り〜

     

    <午前2について>

    午前問題は、色んな所で指摘されてますが、ザルですね。

     

    過去問をまる覚えすれば点は取れちゃいます。

     

    私も

    「何問われてるかは全然わかんないけど、

    この選択肢が正解なのはわかる(だって答えを覚えているから)」

    …みたいな問題で20点以上稼いでいるはずです。

     

    これが今になって諸々不安になってる原因のひとつですね。

     

    当たり前ですが全然本質的じゃない勉強方法です。

     

    私がやったのは、

    「セキュリティについて学びを深める」

    ではなく、

    「とにかく点を取る」

    勉強法ですから。

     

    試験慣れしすぎたことの弊害かもしれません。

    でもまあ自己(事故)批判はこんな感じでしてるんだから許して下さい(大甘裁定)。

     

    <午後1&2>

    午後問題はガチガチのセキュリティ問題というよりは、

    国語の問題みたいな側面があり。

    (問題文中に"明らかにセキュリティ上おかしい所"があるので、そこを抜き出す&対策する、とか)

     

    その観点では、

    中小企業診断士試験の時の経験が活きたと思います。

    というか、あのときの貯金で受かったと言っても過言ではない。

     

    診断士試験の与件文と比べたら、

    セキュスペの午後問題の問題文は短文に見えますから。(言い過ぎ)

     

    選択問題はだいぶ怪しいところもあって、正直ボーダーより下かな―と思ってたんですが。

    記述問題で部分点かき集めて、結果合格

    …というのがホントのところなんでしょうな。

     

     

    まあ、合格したことは事実なので、

    関係各所に報告し、名刺にも載せましょうかね。

     

    獲れなかった3〜4割は、これからの課題として、前向きに捉えて。

    ホントに胸はって「セキュスペです!」って言えるようにね。頑張ろうと思う次第。


     

    セキュスペは、「情報処理安全確保支援士」という新しい資格に発展解消するそうで、

    H28年秋が最後の試験でした。

     

    ワタシ的には、最初で最後の受験で、チャンスをモノにできたというわけです。

    (同時に「情報処理安全確保支援士」になれる権利もゲットしたのですが、登録しようか悩み中。維持費が高いんだもん。

     

    ラッキーだなあ。

     

    っていうか中小企業診断士とってからいい事ばっかりだな、俺。

     

    感謝。感謝。感謝。

     

     

    セキュスペは無くなってしまいますが、

    情報処理安全確保支援士の試験は、セキュスペを踏襲した試験になるとかならないとかで、

    誰かの参考になればと思い、こんな感じで書き残した次第です。

     

    お役に立てれば幸甚。(大した情報じゃなくてすいません…)

     

     

    さて、来年の春は何を獲ろうかなあ。

     

    ばいばいまたね!
     

    (PAKU★さんの情報セキュリティスペシャリストへの道〜終劇〜)

    日記 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)