思考するサカナ

ITコンサルタントの垂流し日記。

2016年1月、中小企業診断士試験に合格しました。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | -

    でる☆とろ

    0
      ベニチオ・デル・トロ主演の話題作
      「CHEチェ 28歳の革命」を観てきました。
      でる☆とろさんのお髭がチャーミングです。

      チェ・ゲバラに関しては、Pはニワカもいいところなのですが、
      こうね、熱い映画が観たかったのね。ここんとこ何かと寒いからさ。

      なんか話聞いてる限りはすごい人だったみたいだし。
      まぁやったことの是非はあるだろうけど。とにかく何かを成し遂げたという意味では、ね。

      007とどっちにしようか迷ったんだけど、
      今観とかないと機会が二度とこなさそうな方を選びましたwww

      あ、007は明日(日付でいうと今日)にでも観に行こうかな。



      今回ほとんど書いてませんが、
      一応ネタバレらしいものを↓。

      ええとですね、ネタバレというほどのものでもないんですが、
      はっきりいってむつかしい映画でした。

      あんまりゲバラの心理面は描かれてなくて
      (個人的にはそういうのを期待していた)、

      むしろ戦いの生々しさが妙に克明に描写されているんですよ。
      ドンパチするんだから生々しいのが当然なんだけどさ。

      「はじめはほんの少数だったのに、死線を乗り越えるたびに
       グングン成長していく革命軍(とゲバラ)がついには革命を達成しましたとさ。」
      という事実を淡々と描いているんですな。

      でも、ドンパチに食傷気味になるかっていうとそうでもなくて。

      「単純にゲバラの生き方自体が物語調だから、
       もうそのまま描いちゃえば良いんじゃねぇの?」
      …という感じに仕上げたら、本当に映画として成り立っちゃった、
      みたいな印象ですな。


      多分、いろいろな背景を知っていたほうが楽しめるんだろうけど。
      Pの世界史の知識は、中国史以外はプ〜さんなので無理です。

      あ〜でも、この出来ならpart2は観に行くなぁ。

      そんな感じで。
      JUGEMテーマ:映画


      映画 | permalink | comments(0) | trackbacks(3)