思考するサカナ

ITコンサルタントの垂流し日記。

2016年1月、中小企業診断士試験に合格しました。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 純情な感情は論理的に空回り | main | 情報セキュリティスペシャリスト合格しました(ついでに「情報処理安全確保支援士」になれる権利もゲットしました) >>

で、結論は?

0

    文章を書く前に、
    ・何を
    ・誰に
    伝えたいのか?を熟考しないと、なんだかよくわからん文章になる。

     

    特に「誰に」は、僕も含めてすっ飛んでるケースがチラホラ。

     

    すると「何を」までフワついて、イケテナイ文章の出来上がり、と。

     

    パワポも同じだよね。

    社長に話す事と、平社員に話す事が同じ内容になるわけがない。

     

     

    「誰に」をちゃんと考えると、使う言葉まで変わってくるもんなあ。

     

    "「スピテキ」だと通じないだろうから、
    「スピードテキスト(TAC出版)」てちゃんと書こう"


    とかそういう感じ。

     

    よくわからん略語とか横文字とか乱発して、経験浅い人をケムに巻く…

    って絵に描いたようなダメコンサルですやん。

     

    伝わんなきゃ意味ないのに。

     

    やだもー。危ない危ない危ない…。

     

     

    ちなみにこの呟きは自分向け
    (…ということにしといてください)。

     

    脳みそのメモリが驚異の3ビットなので、
    どうせ忘れるからメモる。

     

     

    あるいは自戒としてメモる。

    中小企業診断士 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

    スポンサーサイト

    0
      - | permalink | - | -

      この記事に対するコメント

      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://paku-san.jugem.jp/trackback/315
      この記事に対するトラックバック