思考するサカナ

ITコンサルタントの垂流し日記。

2016年1月、中小企業診断士試験に合格しました。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | -

    【暇な人向け】勝ち負けについて思うこと【PAKUさんの知的根性論#5】

    0

      弱い者たちが夕暮れ

       

      更に弱いものを叩く

       

      その音が響き渡れば

       

      ブルースは加速していく

      (THE BLUE HEARTS「TRAIN-TRAIN」)

       

       

      そろそろ花粉の季節が終わるので

      大変ハッピーなPAKUですヘーックショイ!

       

      コンコンチキな期間が終わって暖かさも本格的になってきました。

      気がつけばGWですよ!GW!

       

      どこにも行かないでゆっくり休もう…

      マジで疲れた…疲れた…

       

       

      さて、今回はちょっと趣向を変えまして、

      「勝ち」と「負け」について、

      思うところをつらつら書きたいと思います。

       

       

      「勝ち組」、「負け組」なんて言葉が一般的になって久しいですが、

      何なんでしょうねこの言葉。

       

      実を言うと、

      私は流行りだした当初(2006年ごろ?)から、

      この言葉を気持ち悪いと感じています。

      嫌いと言い換えてもいいくらい。

       

      若い頃はなんで嫌いなのか言語化できなかったのですが、

      最近ちょっとだけ、ほんとにちょっとだけ、

      言葉で説明できるようになった気がしています。

       

      なので、以下、そんな話です。

       

       

      ●気持ち悪さその1「そもそも"勝ち負け"の定義が曖昧」

       

      そもそも「勝ち」ってなんでしょうね?

      言語的にはこんな感じの意味みたいですが。


      私が「勝ち組」という言葉に感じる気持ち悪さの1つが、

      "結局、「勝ち負けの基準がよくわからない」なあ"

      ということだったりします。

       

      スポーツとかボードゲーム(注1)とかであれば、

      勝ち負けの定義がはっきりしていますから、

      勝者と敗者にバッツリ別れるのは、

      当然の成り行きなのですが。

       

      「勝ち組」、「負け組」という言葉は、

      「(人生の)勝ち・負け」というニュアンスを含んでいますよね。

       

      「人生の勝ち負け?それってなんぞ?」

       

      …ってなりませんか?

       

      なりますよね?

       

      神様仏様じゃあるまいし。

      しゃらくせぇ。。

       

      ●気持ち悪さその2「定義が曖昧なものを、さも"当然の基準"のように扱う世間がアレすぎる」

       

      で、そんなどう考えても曖昧な「人生の勝ち負け」を、

      誰が決めたんだかよく分からん基準で、バッツリ分けようとする、

      …というのがこの言葉の使われ方なわけで。

       

      ・難関校に受かったから「勝ち組」(=落ちたから「負け組」)

      ・大企業に勤めてるから「勝ち組」(=中小零細勤めは「負け組」)

      ・美人で気立ての良い嫁さんをもらったから「勝ち組」(=独身は「負け組」)

       

      自分で書いてて悲しくなってきたんですが、

      いったい、誰がどんな権限でもってこんなことを言い切るんでしょうね。

       

      平凡な学校に行って、

      めちゃめちゃハッピーなスクールライフを送ることの何が「負け」なのかと。

       

      中小企業でバリバリ働いて、

      いち早くエースになることの何が「負け」なのかと。

       

      独り身で、

      自由気ままに楽しく暮らしていくことの何が「負け」なのかと。

       

      いっぱいいますよ、そういう人。

      逆もまたしかりですが。

       

       

      それに、百歩譲って、

      一時的に「負け」たように見えたって、

      10年後くらいに、その経験を糧に、

      「勝ち」を手にできるかもしれない。

       

      ありますよね?そういうことも。

       

      だとしたら、その「負け」は、ほんとに「負け」なんでしょうか。

      これもうわかんねえな…

       

      …って考えると、軽々に、「(人生の)勝ち組・負け組」とか言っちゃう人に対しては、

      私はちょっと疑ってかかっちゃうんですよねえ。

       

       

      ・・・というか、長々書いてきてアレなんですが、

       

      私が"「勝ち組」とか「負け組」とかレッテル貼りたがる"人に言いたいことは、

      次の一言に集約されます。

       

       

      「大きなお世話です」

       

       

       

      社会は様々な人間関係で構成されていますし、

      貴方が他人様から何らかの評価を受けることは、多々あるでしょう。

       

      その評価を良くすることに、

      おネツを上げなくてはいけない時期もあるでしょう。

       

      でもね。

       

      こと人生において、

      「勝ち」とか「負け」の基準は、

      本人が、本人の中にもってればいいんじゃないでしょうか。

       

      極論、

      「他人の自分への評価なんてどうでもよくね?」

      「自分の基準で"勝"ってるんなら、人にどう言われようとOKじゃね?」

       

      ってのが、最近、「勝ち負け」について私の思うことです。(注2)

       

       

      ちなみに、上記の話を踏まえると、

      自分に激甘なワタクシめは、

      ただの一度も敗北したことがない

      ということになりそうです(爆笑)。

       

      ダメダコリャ。

       

      …お後がよろしいようで。

       

       

      <今日の名言>

      勝ちなんて無い

      負けなんて無い

      死ぬまで続く無様な戦い

      (amazarashi「風に流離い」)

       

      負け続けようと、無様と罵られようと、

      戦い続けてる様って、かっこいいと思うんだけどなあ。

       

       

      …失礼しました。次はまた再来週あたりに。

       

       

      <注>

      1、ちなみに「チェス」は間違いなくボードゲームですが、欧米では「スポーツの一種」と捉えられるそうです。「将棋」もスポーツになるんだろうか。むむむ。

      2、…いや、嘘だよ絶対人の目気にしてるよ…これもはや仙人の領域だよ…

       

      ******************************************************

      ↓ポチっと応援クリック(マークをクリック)をお願いします。

      PAKU★の更新の励みになっています。

      にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
      にほんブログ村 士業ブログへ
      にほんブログ村

      ******************************************************

      中小企業診断士 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)